妊娠と肌の黒ずみ

妊娠と肌の黒ずみ

妊娠をするとホルモンの分泌が変化するために、
女性の身体には妊娠前とは違う症状がいろいろ現れます。

 

生理前や生理中でも、普段の体調とは違うと感じる方も多いでしょう。
それが妊娠ともなればホルモンバランスが大きく崩れるために、
身体も心もホルモンによって左右されてしまうのです。

 

その症状のひとつが、肌の黒ずみです。
今までは、色白でシミなんか無かったという方でも、
妊娠をすることで肌が黒くなったり、シミが出来やすくなってしまうことがあるんです。

 

ただでさえ体調が変化しているときに肌が黒ずんだりすると、
気分まで落ち込んでしまうかもしれません。

 

だからと言って妊娠をしている時というのは、
美白効果が高い成分を摂るのは危険です。

 

サプリメントでもそうですが、
「妊娠中の方は医師にご相談ください」と注意書きがあったりしますよね。

 

もちろん、直接的に悪影響があるという事は、ハッキリしていません。
それでもやはり肌の色を白くする効果があるということは、
何らかの影響がある可能性も否定出来ません。

 

でも、妊娠による肌の黒ずみは、あまり神経質に考える必要はありません。
と言うのも、ほとんどの場合、
出産をすればホルモンバランスは正常に戻っていくので、肌の状態も元に戻るからです。

 

だから焦って美白成分が入った化粧品を使ったり、
サプリメントを飲んだりするのはやめましょう。

 

ただ、妊娠中に肌にダメージを与えると色素沈着が抜けにくくなるので、
摩擦や紫外線には気を付けた方がいいですね。

記事はありません

ワキの黒ずみの基礎知識

むだ毛処理後のアフターケア

トピック