ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンというのは、美白成分の中でももっとも美白効果が高いことで有名です。

 

耳にしたことがあるかもしれませんが、
「肌の漂白剤」とまで言われるほどの美白効果を持っているのがハイドロキノン。

 

この異名からも分かる通り、本当に美白効果が高いため、
濃度が濃すぎると白斑という白いシミが出来てしまう副作用があります。

 

そのため、今までは皮膚科医の処方がないと使用することが出来ませんでした。
ただし、薬事法が改訂されて、濃度の規定はあるものの、
一般の化粧品でも使用することが出来るようになっています。

 

ハイドロキノンとは、シミの原因となっているメラニン色素の生成を防いだり、
メラニンの元となるチロシナーゼ酵素の活性を抑えるというものです。

 

ただし、こういった美白効果なら、他の美白成分でも得ることが出来ます。
そららの違いはこれらの美白効果に加え出来てしまったシミを還元するという効果を持つことです。
一般的な美白成分はシミが出来ないようにする美白か、今あるシミを排出する美白のどちらかの効果しかありません。

 

だけど、ハイドロキノンは、両方の美白効果を持っているんです。
だから、肌の漂白剤とまで言われるのですね。

 

確かに、どんな美白効果が欲しいかというのは人によって違います。
しかし、多くの方は、今あるシミに悩まされているし、
これ以上シミが出来ないようにしたいと思っているでしょう。

 

つまり、ハイドロキノンが持つ美白効果が一番求められているということ。
ですから、美白化粧品でハイドロキノンを配合しているものがどんどん増えているのですね。

記事はありません

ワキの黒ずみの基礎知識

むだ毛処理後のアフターケア

トピック