ワキの黒ずみの原因

ワキの黒ずみの原因

ワキの黒ずみが出来てしまっても、「ノースリーブを着ないから大丈夫」と
タカをくくってはいけません。

 

ワキの黒ずみを軽視してしまうと、
意外なところで恥ずかしい思いをすることがあります。

 

例えば、水着を着た時、友達とお風呂に入った時、恋人と旅行に行った時など。
普段は見えなくても、特定のシチュエーションでは
ワキが見られてしまうということは結構たくさんあるんです。

 

ムダ毛なら剃ってしまえばいいですが、黒ずみはそう簡単には取れないので、
まずは原因を知って予防することが大事になります。

 

ワキが黒ずむ原因はいろいろありますが、代表的なものは全部で5つあります。

 

まず一番多いのが、デオドラント剤や過剰な皮脂分泌による毛穴のつまりです。
どんなものであれ毛穴が詰まると炎症を起こしてしまい、黒ずんでしまうのですね。

 

次に多いのが、間違った脱毛処理や、洋服などの摩擦で色素沈着をしてしまうこと。
ワキはターンオーバーが遅いので、メラニンがなかなか排出されないために
黒ずんでしまいます。

 

また、妊娠などによるホルモン分泌の変化によっても、皮脂分泌が過剰になったり、
色素沈着しやすくなるということがあります。

 

サイズの合わない下着を付け続けると、血行不良になってしまい、
皮膚にダメージが与えられて黒ずみが引き起こされます。

 

わき毛が濃い方やワキガの方は、皮脂腺が多いために
色素沈着を起こしやすくなっています。

 

こういったことが原因になって、ワキが黒ずんでしまうのです。

記事はありません

ワキの黒ずみの基礎知識

むだ毛処理後のアフターケア

トピック