ワキの黒ずみ対策のための下着の選び方

2018.08.18

ふと手を上げたときに気になるワキの黒ずみは、おしゃれの幅を制限したり、何かと出かけた先でも気になってしまいますよね。

実はそんな黒ずみは、下着の選び方ひとつにも深い関係があるのです。

そこで今回は、ワキの黒ずみ対策のための下着の選び方について調べてみました。

 

ワキの黒ずみに下着選びが関係している?

リボンやレース、光沢のあるものなど、さまざまなデザインの下着が販売されていますよね、でも、そんな下着選びも脇の黒ずみ対策には大きく影響を及ぼしています。

普段あまり意識しないかもしれませんが、私たちが動くたびに、下着は体と摩擦を生じさせており、そのたびに肌はダメージを受けています。

わきは特に下着が食い込みやすい部分でもるので、同じ部分が常に摩擦を生じ、メラニンが蓄積されてしまうことも。こうして、黒ずみを発生させていくのです。

また、下着の素材によっては、肌を蒸れさせて、雑菌の繁殖を悪化させてしまったり、乾燥を招いてしまうこともあります。これらも黒ずみの原因となります。

黒ずみを悪化されないための下着の選び方

わきの下の黒ずみ対策のためには、肌に優しい素敵な下着を選ぶことが大切です。

 

1.デザイン

まずはデザインに注目してみましょう。

黒ずみは締め付けによる摩擦が大きく影響しているため、肌に負担がかからないデザインのもの選んでいく必要があります。

下着というと、デザインの可愛さ重視で選んでいる方も多いと思います。でも、たとえばリボンやチェーンなどがこすれて、黒ずみを悪化させている場合もあります。

肩ひもの部分やアンダーバストの部分は、幅広のものを選ぶと、肌にかかる圧力が弱くなり、摩擦も感じにくくなります。

綿レースなども肌に優しいのでおすすめですよ。

 

2.素材

素材は綿やシルクなど、通気性の良いものを選びましょう。

ナイロンやポリエステルなどは、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすくなるうえ、さらに摩擦によるダメージも大きくなってしまいます。

 

3.サイズ

ワキの黒ずみを解消するためには、サイズ選びも重要です。

普段から自分のサイズより小さいものを着用している方は、それだけで締め付けがきつくなり、摩擦が強くなってしまいます。これでは黒ずみを起こしやすくなってしまいます。

だからといって、自分のサイズよりも大きいものを着用していると、毎回動くたびに下着がずれて、その摩擦により黒ずみが悪化することもあります。

ワキの黒ずみを解消し、予防していくためには、自分の体にぴったり合ったサイズを選んで着用していくことがとても重要です。

 

プロと相談しながら決めるのもおすすめ

下着選びの方法も、わきの黒ずみ対策に大切だということが分かっていただけたかと思います。

下着選びをデザインだけで行っていた人は、これを機に一度正しいサイズを測ってもらいましょう。

ランジェリーショップでは、相談すればきちんとサイズを測ってもらえますし、試着することもできます。

正しいサイズの下着を正しくつけることは、バストアップにもつながりますので、一石二鳥ですよ!

ワキの黒ずみの基礎知識

むだ毛処理後のアフターケア

トピック