ワキ 黒ずみ

ヘッダーイメージ

気になるワキの黒ずみ

知らず知らずのうちに濃くなってくるワキの黒ずみ。ファッション傾向や生活スタイルの変化により、夏だけでなくオールシーズンワキのむだ毛のお手入れを欠かさないという女性も多いのではないでしょうか。
それにともないむだ毛のお手入れの回数自体も増えることでデリケートなワキのお肌は負担を感じて、休まることが無くなってしまいます。
当サイトではワキの黒ずみ対策に関する情報についてガイドしています。

どうしてワキの黒ずみができてしまうの?

黒ずみというと、顔の毛穴の詰まりによって出来る小鼻や頬の黒ずみを想像する方も多いかもしれません。

しかし、黒ずみと言うのは、基本的に毛穴があるところにはどこにでも出来る可能性があります。

特に、刺激が与えられやすかったり、ホルモンの影響を受けやすい部位は黒ずみやすくなるんです。

 

中でも特に黒ずみが目立つのはワキです。
ワキの下は洋服でこすれてしまったり、
ムダ毛処理のためにシェーバーを使ったりするので黒ずみやすいんですね。

 

それにムダ毛の処理の回数が他の部位よりも多くなりがちであることも理由のひとつです。

黒ずみのメカニズム

#
ワキの黒ずみは、主に毛穴の詰まりと色素沈着です。

毛穴の詰まりは、汚れがきちんと落としきれていないというものや、
皮脂分泌が過剰になってしまって、黒ずんでしまっているのです。

 

色素沈着というと、「紫外線が当たる部分じゃないのに」と思う方も多いでしょう。

確かに、色素沈着は紫外線を浴びることによってメラニン色素が生成され、
それがきちんと排出されないことで起こります。

 

でも、色素沈着が起こるのはそれだけが原因ではないんです。

メラニン色素と言うのは、外部の刺激から肌の細胞核を守るために生成されます。

外部の刺激は、紫外線のダメージだけではなく、肌の摩擦などもあります。

つまり、シェーバーで肌を傷つけたり、洋服や腕の摩擦によっても刺激が与えられています。

 

そのため、ワキの部分のメラニン色素が大量に生成されて、
それが色素沈着として残ってしまい黒ずみになってしまうんですね。

 

ワキの黒ずみは普段は目立つことがないものの、
洋服やシチュエーションによってはとても目立つので予防や対策が重要となります。

ワキの黒ずみ予防と対策

ワキと言うのは、意外にとても弱いんです。

つまり、顔と同じようなケアをしてあげないと、同じようなトラブルが引き起こされることがあります。

その中のひとつが黒ずみ。この黒ずみを改善するためには、シェービングや毛抜きを出来るだけ使わないようにしたり、刺激を与えないようにすることが大切です。

>>続きを読む

今や、美白ケアというのは女性にとって当たり前のスキンケアになっています。

白く透き通って、肌理の整ったキレイな肌は、女性ならば誰でも憧れるもの。

これは、顔に限らずデコルテや腕、背中など身体のどんな部位にも言えることですよね。

だけど、いくら美白ケアをしていても、なかなか美白が上手くいかないと悩んでいる方も多いでしょう。

>>続きを読む

シェービングや毛抜きでムダ毛処理をしていると、脱毛した人よりもさらにお肌にダメージを与えます。

もちろんダメージを与え続けていれば、黒ずみが治らないどころか、さらに黒ずみがひどくなります。

そうなってしまってからでは、黒ずみを治すのは本当に難しいんです。

>>続きを読む

ワキの黒ずみの基礎知識

むだ毛処理後のアフターケア

トピック